Top > ゲーム研究室 > Typercussion > 難関曲の雑感

難関曲の雑感
HTML ConvertTime 0.102 sec.

全体*1 Edit

Electrical Zombies Edit

Single:8Double:13Triple:17Quadra:20Excess:-

Excess譜面を除く「全譜面が最高難易度」であった「Twilight Highway」の存在を打ち消した曲。挙句の果てにSingle、Double、Tripleの最多ノーツを更新した譜面。
Singleは「レンきゅんなう!」と「腐れ外道とチョコレゐト」から45ノーツ、Tripleは「CUTE CUTE CAT」から9ノーツ更新しているが、
Doubleに至っては「うさぎシンドローム」が持つ411ノーツを120ノーツも更新しDouble唯一の500ノーツ台へと突入している。
Double最難関という呼び声が高いが、Tripleについては「Twilight Highway」どこから「Dependence Intension」よりも弱いといわれる現実である。
では更新していないQuadraはどうか。高速曲であるが故のスライド難を兼ね備えたQuadra第2位のノーツを誇る譜面。

Quadra Edit

Lv16 Edit

!? Edit

Single:2Double:7Triple:12Quadra:16Excess:-

Lv19 Edit

Tales of cartoon Edit

Single:6Double:11Triple:15(個人差で15強~16強)Quadra:19(実質20)Excess:-

SingleはまだいいもののDoubleは同時の量が比較的多く動きがかなりきついので注意なのだが、Tripleは15に収まるかどうかわからないレベル。ラス殺しは16強なので注意。なおTeru-Fubu-401!氏によってFull Chain陥落済み。
またSingleもDoubleもaces氏によって理論値陥落済み。
もう何が何だかわからん
Quadraはとにかく同時が多く同じ19のCanonloid -memorandum-のQuadraや20のFranciumのQuadraを寄せ付けない難易度。
特に終盤が明らかに19を逸した配置の同時を片手でやらせてくるので警戒しなくてはならない。

Lv20 Edit

CUTE CUTE CAT Edit

Single:5Double:11Triple:16Quadra:20Excess:-

個人差 Edit

ユスレス Edit

Single:3Double:7Triple:9Quadra:19Excess:-

ネルネル寝るね Edit

Single:7 Double:12 Triple:15(実質16中~16強) Quadra:18(難易度:大睡眠) Excess:-
SingleやDoubleならまだその難易度適正でもいいんだがTripleからは問題。
Tripleではネルネル地帯では同時押し8分押しが襲ってくる。RankP達成者は現時点ではゼロである。18/4/27にSINON氏によってRankPをすっ飛ばしRankV陥落。
Quadraではネルネル地帯が左右処理特化となり完全個人差譜面となる。同難易度帯の中では左右処理特化になりすぎていて全く決められない。通称:大睡眠。Lv18としては唯一のRank P獲得者ゼロを誇っていたが、18/8/17にSINON氏にRankP打開された。ただのマゾゲーだったか……

Error Propagation Plus Edit

Single:6Double:11Triple:16Quadra:20Excess:-

Single Edit

Dependence Intension Edit

Single:7(満場一致Single最難関譜面)Double:12Triple:16Quadra:19Excess:-

この曲はTripleやQuadraではなく高難度分類としての真髄はSingle
Singleは一見7でLv8や7よりも簡単……と思いきや低速BPM+リズム難とそれに伴って出やすいGreat判定などでとんでもない難易度を発揮している。おまけに後半は密度が若干上がるので難解。
ちなみにほかの7に比べて不人気なのも加わって2018/3/17の時点ではRank X以上(95万点以上)は4人、Rank P以上は2人*2
Lv8のようにRank Vすら到達者皆無だったが、2018/03/08 20:36:51、ついに1位であるaces氏によってRank V到達が確認された。本人いわくまだ伸びるらしい……
その時、aces「2年間かかっちゃったのでフカセよろしく永遠に許さないんで」と言われ、ついに永遠に許されないことが確定した。一体いつになったら2人目のRank Vが表れるだろうか……
その後3/29にSINON氏によって2人目も確認された(それから新しく出るまで何カ月も皆無だったが)
それから数週間が立ち18/4/17、ついにSINON氏によってPerfect2まで詰められたものの直後にaces氏によってあっさりと達成された揚句Perfect1まで詰め返された。
そしてSINON氏によって刺激され、2018/04/21 13:29:54、aces氏によって理論値陥落。2016/04/14でaces氏が1位をとってから、実に2年と7日かかっている。Singleで4日間もかかったのは異例とでもいえる。SINON氏はそこから年が明け2019/01上旬に理論値達成した。詰めていたわけではないが遅い
ちなみにDouble以降は難易度相当の譜面。Doubleで唯一16分音符がある。TripleについてはElectrical Zombiesよりも難しいという意見が多い。リズム難が付け加わったQuadraを劣化させた何かに近いので要注意。。Quadraは左右出張の激しい振り回し譜面。

Excess Edit

Lv18 Edit

アイノオト Edit

死に逝く者から愛しい人へ Edit

ウタカタ Edit

すすすす、すき、だあいすき Edit

Innocence Edit

Lv19 Edit

magician's operation Edit

Single:5Double:8Triple:14(実質15詐称~16強Quadra:17Excess:19

Tripleのノート数こそは500後半とそれほど難易度としては枠を外れていないが、サビ地帯が完全に14どころか16クラスの詐称譜面。
1サビこそおとなしいものの2サビからが徐々に同時難が加速し終いにはQuadraでやれと言わんばかりの譜面が出てくる。こんなの14にぶっこむな
Quadraはそこまで悪くはないが低BPMだからと言って侮るとトリッキーな配置の同時押しにやられる。なおTripleと同じ要領に近いペースで譜面が強化されていくと思ったほうがよい。
Excessでは、24分横発狂や、難解な左右発狂が飛んでくる。工夫がないと難易度が跳ね上がるガチガチの認識難譜面。因みにRankPは誰も確認されていないというLv19では数少ない譜面の一つだったがSINON氏、Torinos LZA氏によって到達されている。
何よりこいつの最大の問題点は段位認定ver.1、ver.2双方で8段のラスボスを務める。ただでさえLv19の中でも最上位譜面なのだがRank Aを求めるにあたって他の楽曲の難易度とつりあっているかどうかが怪しい。
Ver.1では2曲目にDependence Intension(Quadra)も同段位にかまえていたがVer.2でHappy→Go→Luckyに取って替えられたものの、依然としてこの楽曲が4曲目に立ちふさがることには変わりはない。
Rank Aであることから比較的達成しやすいものの、3曲目の貴方に花を 私に唄を(Excess)やそれ以前の楽曲とは傾向が若干異なる個所が多いため、この楽曲で癖がつくとほかの楽曲にも影響が出やすい。詰めるのが難しいところである。

Still Alive In Love (and dreams are back remix) Edit

Single:2Double:7Triple:13Quadra:17(実質19Excess:19(実質20強~21弱

Tripleまでは問題ないがQuadraとExcessが問題。Lv19問題児、その1。
しゃんてこみや地帯がひたすら叩かしてくれない。Excessはそれに加え縦連も降ってくる。
QuadraではRank P到達者はいるものRank V到達者はLv17でスレイプニルと共に今でも誰も確認されていない。
Excessでは18/12/19現在 Rank X達成者2人でRank P達成者はなんとゼロ。しかもSINON氏によってRank X到達されるまでは、Xすら一人もいなかった。しかもそのXも960k到達者は皆無である。案の定というべきか、Rank S達成者は8人。下手すればRank A以下にも落ちる。
どちらの難易度ともそのレベルの適正者はひたすら選んではいけない。地獄が待っている。
だが絶望なことに段位認定ver.2で10段3曲目に選ばれた結果、局所難によって流石に段位認定への君臨が見送られたLove Logicやスレイプニルを上回るほどの問題児として君臨することになった。

Love Logic Edit

Single:4Double:9Triple:15Quadra:17Excess:19

Quadra以下は平然なものExcessが問題である。Lv19問題児、その2。
間奏地帯が案の定異常な問題児譜面。Rank P到達者はこの難易度として異例のゼロ。
段位認定にいないだけまだ許される

とりぷるばか Edit

Single:5Double:9Triple:14Quadra:17Excess:19

ラブロジと同じくQuadra以下は平然。ラブロジと同じくExcessが問題である。Lv19問題児、その3。
バカバカ地帯とばっきゅんきゅん地帯とおっおっおっ地帯が疑惑すぎる。
Love Logic、Still Alive In LoveとともにRank P到達者ゼロ。
お前も段位認定にいないから許されてる

スレイプニル -Sleipnir- Edit

Single:5Double:10Triple:15Quadra:17Excess:19

Lv19準問題児。
QuadraではLv17として珍しいRank Vゼロ。Excess程ではないが案の定間奏地帯がぶっ飛んでる。寧ろ叩きやすいように見えて叩けないパターン
Excessも間奏が問題でそこだけ左右処理譜面……なのだがそこさえ耐えてしまえばほぼほぼウィニングランである。
Rank X到達も相当厳しい……と思われているが実のところ詰めやすい譜面であり左右処理さえ乗り切ってしまえばほぼ勝ちといっても差支えはない。
左右処理地帯も入門といったレベルなので、積極的にチャレンジすべし。
ただしRank P到達者はまだ一人も確認されていない。

ピロリ菌のうた Edit

Lv19問題児、その4。
Quadra以下は全く問題ないものの、Excessは完全パターン譜面である。同時押しと単押し、両方が存在する譜面だがもっとも同時押しの割合が多い譜面。
問題児の中では数少なく1020k越えがすでに達成されている。人間はどこへ向かうのだろうか……

The Beast. Edit

Lv19問題児、その5&段位認定Ver.1、Ver.2の9段最大の問題児。
Quadraの時点で譜面が相当な問題児になっているのだが、Excessに至ってはLove Logicなどの左右処理局所難軍団の譜面を一部吸い取りつつ3939555赤をフル強化した出されているスコアはともかくほぼほぼLv20に匹敵するクラスの譜面である。
ただでさえ難しい譜面なのだが、段位認定においてはVer.1、Ver.2双方において9段の最終課題曲として立ちふさがる……Quadraであればましだったのだが。
肝心の対象譜面がExcessな上Rank Sが必須である。
これでStill Alive In Loveと共に10段にいたらとてもやばいことになってた

雅歌 ~みやびうた~ Edit

コトバトラボラト Edit

Lv20 Edit

ストラトスフィア Edit

Single:3Double:5Triple:11Quadra:17Excess:20実質21

すっきりした曲。Quadraまでは平均的な難易度であり、さして難しくはないのだが……やはり問題はExcess。
難所が集中している、といっても過言ではないうえ運指研究をしなければお話にならないのも同然。
同時ラッシュだけではなく同→単が非常に多く把握しておかないと混乱して死亡する譜面なので要注意。
消失やBALLOONExが陥落した2018年が終わった後もRank Xが長らく出なかったLv20最強候補の譜面……なのだが、2019/01/16、aces氏が2位に2万点以上の大差をつけRank Xを達成した。ちなみにSINON氏も3日後にはRank X到達し、aces氏から暫定全一を奪還したものの同日の3時間後にまたもや奪還されている。その上Basis920k台も先に叩き出されてしまっている。
今までRankS前半のスコアしか出ておらず明らかに難易度が高かったが、研究し切られた結果と受けとらえれば悪くないだろう。

BALLOON Edit

Single:7Double:11Triple:16Quadra:18Excess:20(実質21

Tripleは800Notesと16の中では多い傾向にあり、譜面も総合力を求められる。
特に縦同時地帯の後は運指次第では少々工夫があると稼げるようになるがここまで来たなら同Lv帯のQuadra譜面の認識もそこまで難しくないだろう。
こいつの問題はQuadraからで、Excess程ではないもののQuadraは特筆すべきところではないがいやらしい譜面をしている。
真の問題はExcess。今も変わらずLv20最強格であり、遠距離配置や同時、発狂スライドや認識・運指難を最初から最後までぶち込んでくる。終盤ではサンドリヨン(Excess)に出てくる「外→内同時スライド」に「2列縦同時スライド」をぶち込んでスライドによる往復させる挙句超密度地帯まで備えるというLv21に片足突っ込んでるどころか両足突っ込んでいる譜面。わけのわからないものその1

初音ミクの消失-DEAD END-、ストラトスフィアと同じくRankX達成者が確認されていないと言われていたが18/8/31、SINON氏によってRank X到達が確認された。
その後19/1/10に、Torinos LZA氏によっても到達が確認されている。
現在はRank S撃破達成者はzazaboon氏、ESRI氏、SINON氏、aces氏、Dark8氏、Torinos LZA氏、96usa氏、norm氏の8名。9人目に名を刻む人は、一体でるのであろうか……。


金の聖夜霜雪に朽ちて Edit

Single:5Double:10Triple:15(実質16強~17最下位)Quadra:18Excess:20

Tripleは序盤から音合わせ片手同時や難解な組み合わせを連発、挙句の果てに間奏で15じゃない何かが降ってくる。デルタ地帯
実質16と全く変わらないと見れば妥協点か。Rank Pすら出されていなかったものの現在はRank V、1040kにFull Chainも確認されている。
Quadraは技術的な要素とやや強めの物量の総合力譜面。Tripleみたいな横1個飛ばし発狂はないのでまだしも、これもまた研究がないとつらい。

Excessについては謎の密度の上がり方をする後半。前半も終始激しい譜面で始まりハイウェイ回転のダブルバージョンの代わりに密度を落とした同時回転が降ってくる。
Lv20中堅程度の総合力譜面として待ち受けているが、人によってはこの譜面を先に潰す人も多いだろう。いずれにせよ一部個人差が出る譜面である。

サイバーサンダーサイダー Edit

Single:8Double:12Triple:16Quadra:19Excess:20



この曲は「サイバーサンダーサイダー…」地帯という箇所は精度がとりにくい地帯。なのだが実際に慣れてしまうと精度がすぐ上がる
左の3キーの3番目を打った瞬間いきなり反対側のチェインが来るというリズム崩し的な配置。反射精度が求められる。

Doubleは左のキーを順番に打つとなんと反対側で上下反対側のチェインが来るというリズム崩しな配置。一応理論値は出ている。

TripleはRank X以上が3名。S以上が4名。クリア人数が半分にも満たない……が大抵は自分の実力を過信して突っ込んだ人たちなので気にしなくていい
Rank Xに属すプレイヤーがおらず、Pに一人、Vに二人である。
QuadraでもRank V、ExcessですらRank P到達者が3名確認されておりそのうち2名は1010kを超えている。肝心の1位は←を書いた人以外なのでお察しください

マトリョシカ Edit

片想いサンバ Edit

とらいあんぐる☆Girl's Heart Edit

Lv21 Edit

Electrical Parade -Remix- Edit

Francium Edit

どうしようのないもの Edit

Twilight Highway(制限速度185km/h mix) Edit

Single:9Double:12Triple:17Quadra:20Excess:-

Typercussionのラスボス的な扱い。Electrical Zombiesが登場するまで、Excess譜面を除く全譜面最高難易度を保持していた。
Doubleを除いて現段階ですべて最高難易度の本曲だが、Singleの段階で相当やばい。
Singleでは既存の譜面とは段違い(初音ミクの消失-DEAD END-もこれに近い)の配置とリズムで飛んでくる。タイミングは単調なのだが早いのでまともにアタックしないと95万ラインですら確保できない。
理論値は一応出ている。どういうことなの……
DoubleはSingleに同時押しを足しただけだと思ったらラストに上下同時(片方ずつ分かれている)が容赦なく飛んでくる。その前に同時も早い。きつい。13ではないとはいえ相当な難易度。ちなみにフルチェインがSINON氏によって確認されてる。なおそのフルチェイン記録は某でぺんの人ことaces氏によってあっさりと破られている。哀れなり。ちなみにPerfect6がRe-Te*Fu@401氏によって確認されていた。
Tripleについては最早絶望にふさわしい譜面であり同じTriple17同門「Electrical Zombies」が霞んでみえるほどのTriple最難関譜面として君臨している。ちなみにRankP到達者はSamene Celeca氏のみ。だが…18/7/25に約6年ぶり?にSINON氏によってRankPが確認された。

Quadraでは夕暮れのーーーの大回転地帯が唯一の稼ぎ。あとは左右同時処理やごり押しを要求させて来る。全譜面屈指の発狂難易度。
長らく初音ミクの消失 -DEAD END-やBALLOON(Excess)、ストラトスフィア(Excess)と共にLv20Rank X未確認譜面として君臨していたが、2018年中に消失とBALLOONが、2019年初頭にストラトスフィアが撃破されたことにより唯一の譜面として君臨していたが、なんとストラトスフィアが撃破された3日後、2019/1/19、ついにSINON氏によってRank X到達が確認された。これでLv20 Rank X到達者未確認譜面は全て撃破された。
なおRank Aは全国8人、Rank Sは全国で6?人である。某Overjoy譜面の全ラン1位はSになりました

初音ミクの消失-DEAD END- Edit

Single:8Double:12Triple:16Quadra:20Excess:21

全譜面ラストゲーの代名詞。
一番下であるSingleですらラストゲーである……がbitou氏により最速理論値が出てる。初理論値達成確認から4ヶ月後SINON氏も達成したが、同日「本当の消失の攻略の終止符」としてaces氏によって理論値達成された。ちなみに2014年当時TeKiz氏がRank V到達で陥落させていたが、その当時aces氏も攻略を目指していた。「本当の終止符」というのはその意味であろう……。
Doubleは12の中では終盤がかなり強烈でそれまでは割りと大人しい感じがあるのでそこで稼げればいいのだが、やっぱりラス殺しが問題。アレどうなってんの……
aces氏によって2年近くかかってようやくランクX到達を確認した。ここまで来るとDependence Intensionクラスの難易度を誇っている。世界がおかしい
18/04/22、SINON氏によってRankV到達が確認された。なお同日にaces氏も達成。ちなみにランキングではSINON氏のみがFull Chainしているが、実際は初めてFull Chainしたのはaces氏である。
Tripleでは一転鳴りを潜めているが強烈な譜面であることに変わりはない。Twilight Highwayが強烈過ぎるだけだが、4強の1つ。RankP到達者は現在3名いるものRankV達成者はTripleLv16では唯一確認されていなかったが、18/9/18、SINON氏によってRankV陥落が確認された。なお、Full Chainの最速陥落は某Overjoy譜面全一の人であり、SINON氏によって2人となった。
Quadraは比較的序盤は簡単な分類だが、後半の高速詠唱地帯で難解なリズム難が襲いかかる。実際は単調なのだが配置のせいでそれが読み取れない。
Excessでは12分ラッシュを主軸とした詠唱地帯と高速処理が混ざっており非常に危険。そしてQuadra,Excessともに配置が共通のラス殺しが待ち受けている。
そのためTwilightやストラトスフィアと同じくLv20においてのRank X到達者が確認されてなかったが…18/12/16 ついにSINON氏によってRank X到達が確認された。その後aces氏、Dark8氏によってもRank X到達が達成されている。

とおせんぼ Edit

Single:6Double:10Triple:15Quadra:18Excess:21(実質22

Quadraまでは問題ないがExcessがLv21屈指の大問題児。
Typercussion四狂のひとつ。
サビには4分間隔のリズムの同時押しが飛んでくる。これはまだいい。
しかし2サビから注目しよう。もう認識とかいうちゃちな問題では済まされない何かを見ることができるはずだ。
どういうことかといえばBPM222である8分間隔同時押しリズムが飛んでくる。
Lv21はほとんどが人類卒業譜面なのでもう仕方ないのだが……これでおいてRank SがSINON氏、Torinos LZA氏によって到達が確認されている。どうしようものないものその1

初音ミクのあたまのたいそう Edit

Single:8Double:12Triple:15Quadra:20Excess:21(実質22

Tripleまでは難易度に適した譜面だが、QuadraとExcessはまぁお察しである。
Quadraは最初はLv12~13程度だが240に突入してからはLv20なので要注意。これでもまだ比較的詰めやすい方。
そして比にならない大問題児がExcess。''登場してから約6年近くたっている今でもRank Bが一人もいないという’’どうにもならないものどうしようもないものではない
長らくRank Dが最高到達点として5年間鎮座していたが、aces氏によってRank C到達がついに確認された。
なお約8時間後SINON氏も到達。
一時期飛んでもない詰め期が訪れている。史上初のRank C達成から2ヶ月と7日…SINON氏がBasis750k,HighScore770k超えを叩き出し、aces氏の自己べを上回った。
なおそれをみてaces氏は「まあそれほど難しくはない」と即刻発言。
もちろん案の定彼はSINON氏が打ちたてた3時間後にあっさりとBasis750k越えを達成、その勢いのままSINON氏が叩き出したHighScore770k越えの記録を4時間9分54秒後1位を更新しHighScore780k台、なんとRank Bまであと11k台の大台へと突入した。当然初到達である。
さらにこの譜面、Key Speed0.20secによるクリアも到達されている。なにが起きているんだろう……

リンちゃんなう! Edit

レンきゅんなう! Edit


*1 Excessはほぼほぼ除く
*2 SINON氏、筆者であるaces氏。


Front page Reload   New Lower page making Copy Edit Upload List of pages Recent changes Diff Backup Search   Freeze Rename     RSS of recent changes